不要な宝石は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年09月23日

店頭での宝石買取は、納得して、その場で即現金化できます。

一万円札をもった女性

宝石買取はいまや商店街や繁華街を歩くと、看板をたくさん見かけます。
新聞の折り込みちらしも入ってきますし、インターネットで郵送で査定見積もりもできるのです。
でも宝石買取は高価なものであれば、店頭に持ち込んで査定してもらい、説明を受けると納得もできますから、もしも眠っている宝石で手離しても良いものがあったら、店頭に持ち込んでまずは査定をお願いしてみるとよいでしょう。

お店によってはちらしやインターネットで、買取例としてさまざまな石の種類などが閲覧できるところもあり、参考になります。
実際にお店に持ち込んだ時は、同じ宝石でそれらの例を見たというところから始めることが、ひとつのおすすめ方法です。

たいてい例にあがっているのは、最高値であるでしょうから、同じように高額とまではいかないかもしれません。
そして査定してもらって、どうゆう理由で買取例との差が出るのかを、きちんと説明してくれるお店でしたら信頼がおけるというものです。

そして店頭での宝石買取で便利なところは、その場ですぐ現金化してくれるところです。

信頼できるお店に最初から出会えればとてもよいですね。
宝石買取においては、何よりも納得できる値付けと説明が大事だからです。
お店の担当者さんにもよりますが、ぜひ親身になって説明や交渉をしてくれる方を探してください。

というのは宝石買取においては、だいたい相場は決まっているといえます。
それぞれのお店の相場データから、持ち込んだ宝石がどのレベルかを見積もりしてもらうわけですが、その際に担当者は交渉の余地を多少は持っているはずです。
そのやりとりが、客である自分にとって、気持ちの良いものである方がよいに決まっています。
良い担当者に出会ったら、名刺を受け取り次回もお願いしたいという旨を伝えたり、実はもう1つ宝石を持っていて、さらに査定を続ける…という方法もあります。

高額ですし大切にしていた宝石買取においては、気持ちよく売却できる環境で納得して手離したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当サイトおすすめ宝石買取業者
バイセル
バイセル
宝石買取種類

ダイアモンド(diamond)
ルビー(Ruby)
サファイア(Sapphire)
エメラルド(emerald)
ラピスラズリ (lapis lazuli)
オパール(opal)
ターコイズ(turquoise)
ガーネット(garnet)
アクアマリン(Aquamarine)
トパーズ (topaz)
アレキサンドライト(alexandrite)
アメシスト(amethyst)
シトリン(citrine)
ペリドット(perido)
タンザナイト (Tanzanite)
マラカイト(malachite)
クリソコラ(chrysocolla)
ジェイド(jade)
アゲート(agate)
アイオライト(iolite)
フローライト(fluorite)
ジンカイト(Zincite)
アンダルサイト(Andalusite)
タイガーズアイ(Tiger's Eye)
ムーンストーン(moonstone)
サンストーン(sunstone)
トルマリン(tourmaline)
ウレキサイト(ulexite)
クォーツ(独: Quarz、英: quartz)
オブシディアン(obsidian)
パール(Pearl)
コーラル (coral)
アンモライト (ammolite)
アンバー(Amber)
アクアオーラ(aqua aura)

バイセル