不要な宝石は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年09月23日

宝石買取は敷居が高いと思っているあなたへ

考え事をしているおばさん

今、巷ではリサイクルや買取業者がたくさん溢れています。
そして実店舗を持つ店でも、インターネットを通しての買取や販売は当たり前になっています。
私たちが何かを売りたいと思った時、あまりの店の多さに迷ってしまうくらいです。
本や古着、不要になった日用品、おもちゃなどあまり単価の高くないものを売る時でさえ、どこに売ろうかいろいろ迷ってしまうのではないでしょうか。
まして高価な宝石ともなれば、なるべく高く良い値段で買って欲しいというのが本音です。
金やプラチナの値段は日々変動しているものなので、どこの店もあまり変わらないかもしれませんが、それでも買取金額が大きいほうが嬉しいに決まっています。
私も使わなくなった指輪やネックレス、ブレスレットなど数点を宝石買取に出したことがありますが、
思わぬものに高い値段が付いたりして驚きました。
“宝石ってどんな小さなものでも宝石としての価値があるのだな”とあらためて思いました。
今はイミテーションでも、とても素敵できれいなものがたくさんあるので、わざわざ無理をして宝石を買う必要はないかもしれません。
ですが私の若い頃(年がばれるのであまり書きたくないのですが)は、たとえ小さなものでも宝石の付いたアクセサリーが欲しくて買ってしまったものです。
金額にすればそんなに高いものではありませんでしたが、今となっては自分には必要のないものになってしまいました。
そんな小さな宝石の付いたアクセサリーでも、宝石買取の店はちゃんと買ってくれるのですから、正直すごいなと思います。
今まで宝石買取の店というのは、大きなごろんとした宝石の付いた指輪しか扱わないというイメージを持っていましたが、実際に自分が査定に出してみて、割と身近な存在だということに気がつきました。
今回、昔のアクセサリーを宝石買取に出すことで、自分の不用品もいろいろ整理が出来たので気分もスッキリしました。
今の自分に必要のないものを手放すことで、また新たなものを手に入れることが出来るような気がします。
「宝石買取なんて自分には関係ない」そう思っている人も、引き出しの奥深くに眠っているものがあれば、是非宝石買取に出してみることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当サイトおすすめ宝石買取業者
バイセル
バイセル
宝石買取種類

ダイアモンド(diamond)
ルビー(Ruby)
サファイア(Sapphire)
エメラルド(emerald)
ラピスラズリ (lapis lazuli)
オパール(opal)
ターコイズ(turquoise)
ガーネット(garnet)
アクアマリン(Aquamarine)
トパーズ (topaz)
アレキサンドライト(alexandrite)
アメシスト(amethyst)
シトリン(citrine)
ペリドット(perido)
タンザナイト (Tanzanite)
マラカイト(malachite)
クリソコラ(chrysocolla)
ジェイド(jade)
アゲート(agate)
アイオライト(iolite)
フローライト(fluorite)
ジンカイト(Zincite)
アンダルサイト(Andalusite)
タイガーズアイ(Tiger's Eye)
ムーンストーン(moonstone)
サンストーン(sunstone)
トルマリン(tourmaline)
ウレキサイト(ulexite)
クォーツ(独: Quarz、英: quartz)
オブシディアン(obsidian)
パール(Pearl)
コーラル (coral)
アンモライト (ammolite)
アンバー(Amber)
アクアオーラ(aqua aura)

バイセル