不要な宝石は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年12月11日

宝石買取は慎重に

パソコンとスマホ
宝石というのは、自分で使わなくなっても、なんとなく惜しかったり、なんだかんだ言って手元に置いておきたいものだと思います。
その気持ちも分かります。

手放すのはなんとなく“もったいない”気持ちがしますし、売ってしまうともう自分のものではないわけですから、思い出の品やお気に入りであれば、尚更寂しく思ってしまうことでしょう。
ですが、もしかしたらその宝石はかなりのお金になるかもしれません。

その宝石をどうしても欲しい人がいて、大切に使ってくれるかもしれません。そういうことを考えると、手放してもいいかなと考える人もいるのではないでしょうか。
そんなときは、買い取ってもらいましょう。

宝石買取のお店は、たくさんあります。店舗として存在している場合もありますし、宅配買取や出張買取をしている場合もあります。

業者のサイトなんか巡っていると、買取例が出てきたりします。もちろん全てその値段というわけではありませんが、参考にはなるのではないでしょうか。
買取実績やコメントなどもあると、信憑性が増しますね。また、買取方法によっては送料が発生する場合もあります。

使ってみたら送料が発生していたなんてことがないよう、予めチェックしておいたほうが良いかもしれません。

また、あまりないかとは思いますが、査定額から送料が引かれているなんてこともないわけではないかもしれません。

確認すること自体は難しいかもしれませんが、査定額が低いことで評判の業者なら、そういった口コミが数多くあるかと思います。

もちろん査定額が低いなんて公式が自分で言うわけなどないのので、気になる業者があったらすぐにそこに頼むのではなく、査定はどんなかんじなのかなど、口コミを通じて知らなければなりません。
なんだかんだ言って、実績十分なところを選ぶのが1番かもしれませんね。

比較的新しいお店だっていいところはあると思います。
ですが、わざわざそのリスクを冒す必要はないのではないでしょうか。

比較的新しいお店を使うのは、もう少し後でも遅くはないと思います。

買取実績が豊富なお店の方が信用出来ると思います。
とは言っても、何回も利用していたり、いつも利用しているところがなければ、不安に思うのは当たり前でしょう。

宝石そのものの価値だって大きいわけですから、当たり前です。ですので、他のものを売るとき以上に慎重に行動したほうが良いかもしれません。

失敗するとかなり大きいので、慎重にいきすぎくらいが丁度良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当サイトおすすめ宝石買取業者
バイセル
バイセル
宝石買取種類

ダイアモンド(diamond)
ルビー(Ruby)
サファイア(Sapphire)
エメラルド(emerald)
ラピスラズリ (lapis lazuli)
オパール(opal)
ターコイズ(turquoise)
ガーネット(garnet)
アクアマリン(Aquamarine)
トパーズ (topaz)
アレキサンドライト(alexandrite)
アメシスト(amethyst)
シトリン(citrine)
ペリドット(perido)
タンザナイト (Tanzanite)
マラカイト(malachite)
クリソコラ(chrysocolla)
ジェイド(jade)
アゲート(agate)
アイオライト(iolite)
フローライト(fluorite)
ジンカイト(Zincite)
アンダルサイト(Andalusite)
タイガーズアイ(Tiger's Eye)
ムーンストーン(moonstone)
サンストーン(sunstone)
トルマリン(tourmaline)
ウレキサイト(ulexite)
クォーツ(独: Quarz、英: quartz)
オブシディアン(obsidian)
パール(Pearl)
コーラル (coral)
アンモライト (ammolite)
アンバー(Amber)
アクアオーラ(aqua aura)

バイセル