不要な宝石は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年12月11日

宝石買取に関すること

クリスタル

宝石買取で好まれるポイントについて〜

宝石の買取では、ダイヤモンドと色石で鑑定ポイントが大きく違ってきます。
〜ダイヤモンドの査定ポイントについて〜

まず宝石の買取は、ダイヤモンドと色石に分けられます。
「色石」というのは、エメラルドやサファイヤなどのダイヤモンド以外の宝石を指します。
ダイヤモンドと色石では、買取りのポイントが少し違ってきます。
例えばダイヤモンドは、傷がある場合は査定額が落ちますが、色石の場合はもともと傷のない状態の方が珍しく、ある程度の傷はあっても査定に影響しないという特徴があります。
それではダイヤモンドですが、基本的にカラット(重さ)、カット(仕上がりの美しさ)、カラー(色)、クラリティ(透明度)の4つの要素から査定額が算出されます。
特にダイヤモンドは、汚れや傷によって査定額が大きく左右されやすく、たとえ大きなダイヤモンドだとしても、キズや汚れがひどい場合は値が張らないケースもあります。
つまりダイヤモンドは一点だけ高評価でも、総合的なバランスが良くないと高額にはなりにくいという特徴があります。
またダイヤモンドの買取では、カットのデザインも査定額に影響します。
一般的にダイヤモンドの買取では、一番好まれるのが“ラウンドブリリアントカット”です。
ハート型のような特殊カットは、購入時に高額だったとしても売る時には値が落ちてしまう傾向があるので注意が必要です。
〜色石の査定のポイント〜

色石の買取のポイントは、ズバリ色と大きさになります。
エメラルドならばより濃い緑色が、ルピーならばピジョンブラッド(鳩の血の色)のような真紅が良いとされています。
そして色石の査定で一番重要なのが大きさです。
サファイヤやエメラルドやルビーは、市場で小さいサイズの物が非常に多く出回っているため、小さい物だと値がつかないケースもあります。
そのため色石の査定では、まずはある程度の大きさが求められるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当サイトおすすめ宝石買取業者
バイセル
バイセル
宝石買取種類

ダイアモンド(diamond)
ルビー(Ruby)
サファイア(Sapphire)
エメラルド(emerald)
ラピスラズリ (lapis lazuli)
オパール(opal)
ターコイズ(turquoise)
ガーネット(garnet)
アクアマリン(Aquamarine)
トパーズ (topaz)
アレキサンドライト(alexandrite)
アメシスト(amethyst)
シトリン(citrine)
ペリドット(perido)
タンザナイト (Tanzanite)
マラカイト(malachite)
クリソコラ(chrysocolla)
ジェイド(jade)
アゲート(agate)
アイオライト(iolite)
フローライト(fluorite)
ジンカイト(Zincite)
アンダルサイト(Andalusite)
タイガーズアイ(Tiger's Eye)
ムーンストーン(moonstone)
サンストーン(sunstone)
トルマリン(tourmaline)
ウレキサイト(ulexite)
クォーツ(独: Quarz、英: quartz)
オブシディアン(obsidian)
パール(Pearl)
コーラル (coral)
アンモライト (ammolite)
アンバー(Amber)
アクアオーラ(aqua aura)

バイセル