不要な宝石は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年09月23日

離婚する時にアクセサリー類をまとめて買い取ってもらいました

質屋の暖簾

私が初めて、指輪などのアクセサリー類を買い取ってもらった時の話です。

きっかけは主人との離婚でした。結婚指輪を処理しようと思ったのですが「ただゴミ箱に捨てるのはもったいない、質屋に買い取ってもらったほうが、今後の生活費の足しにできる」と思い、初めて近所の質屋に足を運びました。指輪以外にも、昔主人から誕生日や結婚記念日にもらった、ピアスやネックレスが何点かありましたので、全部まとめて売る事にしました。

私の勝手な想像ですが、質屋というものに、あまりいいイメージを持っておらず、少し緊張して店内に入りました。するとスーツを着た一人の男性が、笑顔で出迎えて席に案内してくれました。当時は2歳の子どもも一緒でしたので、私と子どもの分までお茶とジュースを出して頂きました。思っていたより質屋の印象が悪くないと感じました。そして売りたい物を並べました。

小石がついた、カルティエの10万ほどで買った指輪と、スワロフスキーのピアスとネックレスのセット品、ブランドが分からない3万ほどした石のついたネックレスの計4点でした。指輪は内側に印字をしていたので、少し下がるとの事でしたが、9千円になりました。購入時の価格に比べたら全然ですが、普通に捨てる事を考えたら私としては満足でした。スワロフスキーはマークがついているものは一律500円と言われたので、ピアスとネックレスで500円ずつとなり、ネックレスは5千円になりました。4点全部で1万5千円となり、私としては想定外のお小遣いでした。金属や質屋には全然詳しくない私にとって、この金額が妥当なのか悪いのか全くわかりませんが、何件も質屋比べをしている時間もなく、たった20分ほどの査定で済み、これだけの臨時収入をもらえたので満足でした。

数日後、子ども部屋でなんと主人の結婚指輪を見つけました。掃除している時に床に落ちているのを見つけたのです。なぜ子ども部屋に主人の指輪があるのだろう、もしかしたら離れる子どもに形見のような意味合いで渡したのか…とも考えましたが、そうだとしても床に落ちていたくらいなので、子どももそこまで執着はないだろうと判断し、迷わず売りにいく事にしました。同じく9千円か、石がついていない分少し下がるのだろうと思いながら、再度質屋で見てもらいました。すると1万円になりました。

興味があったので前回と価格が違う理由を聞くと、プラチナ相場が日によって変動するとの事でした。前回よりプラス千円となり嬉しく思いました。その日の金やプラチナの相場がある事など、無知な私には勉強になりました。

金属類以外にもブランド物や食器、衣類、ゲームソフトなど何でも買うとの事でしたので、また不要な物がでてきたら、積極的に質屋に売りに行こうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当サイトおすすめ宝石買取業者
バイセル
バイセル
宝石買取種類

ダイアモンド(diamond)
ルビー(Ruby)
サファイア(Sapphire)
エメラルド(emerald)
ラピスラズリ (lapis lazuli)
オパール(opal)
ターコイズ(turquoise)
ガーネット(garnet)
アクアマリン(Aquamarine)
トパーズ (topaz)
アレキサンドライト(alexandrite)
アメシスト(amethyst)
シトリン(citrine)
ペリドット(perido)
タンザナイト (Tanzanite)
マラカイト(malachite)
クリソコラ(chrysocolla)
ジェイド(jade)
アゲート(agate)
アイオライト(iolite)
フローライト(fluorite)
ジンカイト(Zincite)
アンダルサイト(Andalusite)
タイガーズアイ(Tiger's Eye)
ムーンストーン(moonstone)
サンストーン(sunstone)
トルマリン(tourmaline)
ウレキサイト(ulexite)
クォーツ(独: Quarz、英: quartz)
オブシディアン(obsidian)
パール(Pearl)
コーラル (coral)
アンモライト (ammolite)
アンバー(Amber)
アクアオーラ(aqua aura)

バイセル