不要な宝石は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年09月23日

なぜ宝石買取は一括システムを用いると良いか

テーブルの上に本と眼鏡とコップ

宝石買取で金額を高めにしたい時には、複数店を比べる事がポイントになってきます。1つのお店だけで決めないのが、肝心と言えるでしょう。

例えばある宝石買取のお店にて、ちょっと品物の状態を見てもらったとします。その結果、買取額が6万円と提示されたとします。
その金額が“本当に妥当であるかどうか”という問題が浮上する事もあるのです。一旦は品物を提示したものの、果たして6万円ならば十分に高いかどうかが気になるので、返事を保留にする事もよくあります。

と言うのも宝石買取は、お店によって金額が微妙に異なってくるからです。上記のお店では6万円になりますが、別のお店では7万円になる可能性もあるでしょう。ですからあまり金額が安いと思われる時などは、ちょっと保留にするのも1つの方法なのです。

つまり宝石買取は、1つのお店だけで決めない事が肝心ですから、複数のお店を比べると良い訳です。ですから複数のお店で宝石の状態を確認してもらって、一番高い所に売却している方々も目立ちます。
しかし残念ながら、その手段には手間に関するデメリットがあります。複数のお店に宝石を持ち込んでいては、それだけ時間もかかってしまいますし、そもそもとても面倒でしょう。ですから最近では、一括査定というシステムを使って、宝石買取を行っている方々も多く見られます。

一括査定は、WEBを用いたシステムになります。主に自動車買取で採用されている方式ですが、実は宝石買取にもそれと同じシステムがあるのです。
流れは次の通りです。まず手続きを行う前に、宝石の画像データをスマホなどで作成しておきます。とりあえずは撮影をして、画像データを作るわけです。その後、一括査定のシステムで、画像を送信する事になります。
すると複数のお店に対して、その画像データが送信される訳です。そして、いくつかのお店から金額が提示されるというシステムが多いです。

もしくは、画像データでなく宝石を直接郵送するパターンもあります。所定の住所に宝石を郵送して、様々な会社が査定を行うというパターンもあるのです。ただこのパターンでも、結局は複数の会社から査定額が提示される事になります。

この一括というシステムは、複数のお店に対して同時送信できるメリットが大きいです。実店舗に持ち込む方法と比べれば、明らかに労力が小さいでしょう。しかもライバル他社が意識される事も多いですから、買取金額も高めになる傾向があります。ですから宝石買取で効率的に比較をしたい時には、基本的に一括査定がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当サイトおすすめ宝石買取業者
バイセル
バイセル
宝石買取種類

ダイアモンド(diamond)
ルビー(Ruby)
サファイア(Sapphire)
エメラルド(emerald)
ラピスラズリ (lapis lazuli)
オパール(opal)
ターコイズ(turquoise)
ガーネット(garnet)
アクアマリン(Aquamarine)
トパーズ (topaz)
アレキサンドライト(alexandrite)
アメシスト(amethyst)
シトリン(citrine)
ペリドット(perido)
タンザナイト (Tanzanite)
マラカイト(malachite)
クリソコラ(chrysocolla)
ジェイド(jade)
アゲート(agate)
アイオライト(iolite)
フローライト(fluorite)
ジンカイト(Zincite)
アンダルサイト(Andalusite)
タイガーズアイ(Tiger's Eye)
ムーンストーン(moonstone)
サンストーン(sunstone)
トルマリン(tourmaline)
ウレキサイト(ulexite)
クォーツ(独: Quarz、英: quartz)
オブシディアン(obsidian)
パール(Pearl)
コーラル (coral)
アンモライト (ammolite)
アンバー(Amber)
アクアオーラ(aqua aura)

バイセル