不要な宝石は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年06月24日

宝石買取の注意点と提示される金額の幅

人差し指を立てる女性

宝石買取を行いたい時には、必ずお店から査定金額を出してもらう事になります。基本的にはお店に宝石の現物を提示する事になりますが、最近では別の方法で査定金額を算出できるお店も多いのです。

例えばWEB査定などの方法があります。手持ちのスマホなど、宝石の画像データを作成し、買取店にそれを送信する訳です。するとデータを受け取った買取店は、品物の見た目などの情報を元にして、買取価格を算出する事になるのです。
この方法のメリットは、高く売れやすいお店を見つける事ができる点です。しかも早さに関するメリットもあるのです。

そもそも宝石買取の為に、実店舗に現物を持参していては、それなりに多くの時間を要してしまいます。何せ自宅からお店まで、少し距離が離れている事もあるでしょう。遠くのお店まで宝石を持参するのは、とても大変な事です。

しかしWEB査定の場合は、わざわざ遠くのお店まで行く必要もありません。とても手軽に買取金額が分かるので、便利な方法と言えるでしょう。
複数のお店でWEB査定を受けると、いずれどこか金額が高いお店が見えてきます。そこで売却をすると良いのです。つまり比較をしてみると、宝石買取の価格も高くなってくる訳です。

ところでWEB査定で複数のお店から価格を提示してもらうと、たまに幅があるお店が見つかる場合があります。例えばお店Aの場合は、買取額が20万円台だと提示してきたとします。これだけ価格が絞り込まれていれば良いですが、別のお店ではもっと大きな幅が生じている事があるのです。20万円台などでなく、お店Bでは最低5万円で最高50万円台といった具合です。上記のお店Aと比べると、Bは相当大きな金額幅がある事は明らかでしょう。

こういったお店は、少し注意を要します。なぜそれだけ大きな金額幅が生じるかと言うと、知識の問題があるからです。あまり宝石に詳しくないお店の場合は、どうしても金額幅を設定せざるを得ません。ですからWEB査定の段階では、上記のような数字になってしまう訳です。
それでBのように幅が大きなお店ですと、実査定を受けたとしても、買取金額が低めになる傾向があります。やはり知識があまり多くないお店では、売却額も限定される傾向があるのです。

しかしそういった金額幅が生じるか否かも、やはりWEB査定を受けてみない事には分かりません。ですから宝石買取を行う時には、まずは複数のお店で金額を提示してもらい、できるだけ幅が小さな所で売却を行うと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当サイトおすすめ宝石買取業者
スピード買取.jp
スピード買取.jp
宝石買取種類

ダイアモンド(diamond)
ルビー(Ruby)
サファイア(Sapphire)
エメラルド(emerald)
ラピスラズリ (lapis lazuli)
オパール(opal)
ターコイズ(turquoise)
ガーネット(garnet)
アクアマリン(Aquamarine)
トパーズ (topaz)
アレキサンドライト(alexandrite)
アメシスト(amethyst)
シトリン(citrine)
ペリドット(perido)
タンザナイト (Tanzanite)
マラカイト(malachite)
クリソコラ(chrysocolla)
ジェイド(jade)
アゲート(agate)
アイオライト(iolite)
フローライト(fluorite)
ジンカイト(Zincite)
アンダルサイト(Andalusite)
タイガーズアイ(Tiger's Eye)
ムーンストーン(moonstone)
サンストーン(sunstone)
トルマリン(tourmaline)
ウレキサイト(ulexite)
クォーツ(独: Quarz、英: quartz)
オブシディアン(obsidian)
パール(Pearl)
コーラル (coral)
アンモライト (ammolite)
アンバー(Amber)
アクアオーラ(aqua aura)

スピード買取.jp