不要な宝石は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年04月21日

宝石買取の広告はよく見られるようになりました

人差し指を立てたスーツの男性

少し前まではアクセサリーの買取といえば、金やプラチナ製のものが主流でした。そして宝石はなかなか買取されないものだと考えられていました。しかし、この頃では状況が変わってきました。宝石のついたアクセサリーも積極的に買取されるようになったのです。

もちろん買取される宝石は、小さなものではいけません。そして鑑定書がついていたほうが有利になります。でもそれまでは買取をあきらめざるを得なかったような宝石も買取されるようになったのです。使用していない大きな宝石のブローチ指輪などを持っているならば、買取してもらう方向で考えるといいでしょう。特に亡くなった親の遺品で、大きな宝石のアクセサリーを所有している人は、高額で買取してもらえる可能性もあると考えていいでしょう。

ただ宝石の買取は、どのショップに持ち込むべきかよく検討したほうがいいです。一般的なリサイクルショップだと、金やプラチナの部分しか査定しないこともあります。こうなると重さだけで価格が決まってしまい、宝石の価値は加味されなくなってしまいます。宝石の買取を専門におこなっているリサイクルショップもあります。ホームページや広告などを参考にして。そういったところを探すといいでしょう。

特に今では海外で宝石類の需要が高まっています。そして人気のある宝石については高値で買取されることが考えられます。“宝石の買取は難しい”などと考えて、あきらめることは避けたほうがいいでしょう。

「宝石高価買取」という広告はよく見られます。そういったものをこまめにチェックしていれば、必ず自分の望みに合ったリサイクルショップがみつかるでしょう。また宝石というものは、似合う人が限られることもあります。しかし遺品としていただくことも多いのです。似合わないからといって、使わずにいたような宝石も買取される可能性があります。そして新しい持ち主の手に渡ることになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当サイトおすすめ宝石買取業者
スピード買取.jp
スピード買取.jp
宝石買取種類

ダイアモンド(diamond)
ルビー(Ruby)
サファイア(Sapphire)
エメラルド(emerald)
ラピスラズリ (lapis lazuli)
オパール(opal)
ターコイズ(turquoise)
ガーネット(garnet)
アクアマリン(Aquamarine)
トパーズ (topaz)
アレキサンドライト(alexandrite)
アメシスト(amethyst)
シトリン(citrine)
ペリドット(perido)
タンザナイト (Tanzanite)
マラカイト(malachite)
クリソコラ(chrysocolla)
ジェイド(jade)
アゲート(agate)
アイオライト(iolite)
フローライト(fluorite)
ジンカイト(Zincite)
アンダルサイト(Andalusite)
タイガーズアイ(Tiger's Eye)
ムーンストーン(moonstone)
サンストーン(sunstone)
トルマリン(tourmaline)
ウレキサイト(ulexite)
クォーツ(独: Quarz、英: quartz)
オブシディアン(obsidian)
パール(Pearl)
コーラル (coral)
アンモライト (ammolite)
アンバー(Amber)
アクアオーラ(aqua aura)

スピード買取.jp