不要な宝石は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年06月25日

宝石買取に関して必要となるもの

ジュエリーボックスに入ったアクセサリー

宝石は人を魅了してやまないものです。新品、中古品を問わず高品質のものであれば、その価値は失われず売買されるものではないかと思います。宝石買い取りに関して今回は2つのことについて書こうと思います。
まずは宝石を見る時に必要となる“知識”と“審美眼”を持つことが重要です。宝石に関する基礎的知識は、知っていて当然のことであり、宝石に対する礼儀ではないかと思います。例えば、サファイアとルビーは同じ宝石ですが、赤いものだけを「ルビー」と呼び、それ以外の色のものを「サファイア」と呼んでいます。またルビーを鮮明な赤にするために熱処理を施すこともあり、ルビーの最高峰と言われているのは、ピジョンブラッドであるというような知識です。
また本物、良いものを沢山見ることによって審美眼を培うことも重要だと思います。宝石の価値を理解した上で買い取ることが必要だからです。またもしその宝石が偽物であった時も、損害を出すことなく避けることができるからです。日々の生活の中で、多くの宝石を見ることによって宝石に関する知識、トレンド、デザインなど学ぶことができ、その量には際限がありません。
次に重要なことは、宝石自体の相場を知ることです。希少価値や品質、カラット数などによって宝石ごとに相場はあります。新品と中古品によって、同じ宝石であっても、それぞれ相場は存在しています。それを知らずに取引することは不可能です。新品の宝石につけられた価格から0を一つ取ると、中古品の価格になるというのは、最低限の知識ではないかと思います。
仕事であれ趣味であれ、また投資目的であれ、宝石を扱う場合に最低限必要となることについて、まとめてみました。宝石を買い取るには大きな額のお金が動きます。売る側、買う側の双方にとってよい商談となるためには、学ばなければならないことは多くありますが、それでも人を魅了してやまない宝石だからこそ、その苦労もいとわないほどの魅力があるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当サイトおすすめ宝石買取業者
スピード買取.jp
スピード買取.jp
宝石買取種類

ダイアモンド(diamond)
ルビー(Ruby)
サファイア(Sapphire)
エメラルド(emerald)
ラピスラズリ (lapis lazuli)
オパール(opal)
ターコイズ(turquoise)
ガーネット(garnet)
アクアマリン(Aquamarine)
トパーズ (topaz)
アレキサンドライト(alexandrite)
アメシスト(amethyst)
シトリン(citrine)
ペリドット(perido)
タンザナイト (Tanzanite)
マラカイト(malachite)
クリソコラ(chrysocolla)
ジェイド(jade)
アゲート(agate)
アイオライト(iolite)
フローライト(fluorite)
ジンカイト(Zincite)
アンダルサイト(Andalusite)
タイガーズアイ(Tiger's Eye)
ムーンストーン(moonstone)
サンストーン(sunstone)
トルマリン(tourmaline)
ウレキサイト(ulexite)
クォーツ(独: Quarz、英: quartz)
オブシディアン(obsidian)
パール(Pearl)
コーラル (coral)
アンモライト (ammolite)
アンバー(Amber)
アクアオーラ(aqua aura)

スピード買取.jp